ダイレクトメールや電話で勧誘してくる業者

ダイレクトメールや電話で勧誘してくる業者

ダイレクトメールや電話、FAXで勧誘してくる業者には注意してください。
ビジネスローンなどでは電話の勧誘が中心の会社がありますが、必ず登録などで確認してください。

 

悪質業者は横でつながっています、情報を共有するのです。個人情報保護法なんて気にしないのです。
一度ヤミ金などに申込をすると、いろいろな業者から電話やDMが届くようになります。
どんないいことを言われても、DMにどんないいことが書いてあっても信じてはいけません。

 

前にヤミ金に行ってしまった時の担当者が言っていましたが、ダイレクトメールや電話で勧誘してくる業者で登録が(1)の業者はすべてと言えるほど違法業者だと言っていました。
東京だけでも(1)の違法業者は20,000件あるとも言っていました。

 

経営者の方はビジネスローンという勧誘に気を付けてください。

 

”●●ファイナンスの●●と申します。長期ビジネスローンのご案内でお電話させていただきました。
500万円を金利15%の5年払いが可能です。”・・・などの勧誘です。

 

世の中そんなに甘くありません。悪質業者ではないノンバンク、消費者金融が貸し渋りになっている現在、うまい話はなかなかありません。
経営者の場合、決算書や謄本、印鑑証明、手形帳など準備させられ、●●ファイナンスに行き、書類を記入後、 “それでは少々お待ちください”と担当が別室に行き、さもいろいろ確認をしているようなそぶりをしますが、 次に姿を見せた時には、トイチ、トサンの話が出て来ます。

 

金額は多くて20万、だいたい10万位の話をします。
トサンの場合10日で3割の利息ですから、利息前取りで、手数料という名目で1万ほど取られることになりますので 残りは6万円です。
10日後には10万円返すか、ジャンプと言って、また利息だけを払い10日待ってもらうかになります。
大切な時間と気力と体力、お金の無駄になりますので、十分注意してください。