ヤミ金融に行ってしまったら

ヤミ金融に行ってしまったら

人間、金苦労が重なると冷静な判断が出来なくなります。追い込まれ、追い詰められて疲れ切ってしまうからです。
知識では理解していても、もしかしてまともな業者、始めたばかりでこれから伸びていく業者かもしれないと自分に言い聞かせ、ヤミ金融に出向いてしまうかもしれません。悪徳業者に手を出してしまうかもしれません。
結局ヤミ金や悪徳業者だとわかり、そこであらためて”やっぱりか、そりゃそうだよな”と気づきます。

頭の中は真っ白になります。 万が一ヤミ金融に出向いてしまったらどうするか。
あの連中はとにかく借りさせようと、なかなか返してくれません。
手続きの最初に最低でも免許証などのものは渡してありますので、それを返してもらうまで帰れないのです。
逃げることができないということです。

とにかくひるまないでください。
疲れているでしょうが、頑張って言い負けないでください。
私の一存では決められないから、今日は帰る。帰って考えてみるから、必要だったらまた連絡するから。
とにかく今日は何言われても借りないから、と言ってください。

何とか帰れても、手続きの最初で記入した住所や家族構成などの個人情報が残っていますので、しつこく電話がかかってくると思いますが絶対無視して下さい。
悪質業者は横でつながっていることが多いので、いろいろな業者から電話が来たりDMが届いたりしますが、ほっとくとそのうち電話もDMも来なくなります。

鍵をかけて返さない暴力団の闇金でも、借りた金を返さないというのであれば別ですが、職場や会社には追い込みをかけたり、電話をしてくることはないといいます。

とにかく借りないことが一番です。