消費者金融の悪徳商法と悪質業者の見分け方

悪質業者の金融詐欺、被害に合わないために

貸金業法の改正により、年収の3分の1以上貸さないなどの総量規制や、上限金利が、年29・2%から20%に引き下げられたため、各消費者金融、キャッシング会社の貸し渋りが始まっています。審査が厳しくなっているのです。

以前は借りる側の責任だけでしたが、今後は貸す側にも責任が及ぶことになったため各消費者金融の審査が厳しくなるのは当然といえます。
消費者金融の防衛策として新たな貸し出しが出来なくなるため、店舗閉鎖、合併、リストラなど縮小に向かっています。
また経営環境の悪化をにらみ、各社とも審査を厳しくして焦げ付きリスクが低い融資にシフトしています。
楽な人は喜ぶでしょうが、苦しい人はどんどん苦しくなります。


行き場をなくした消費者金融利用者は法外な利息を要求する「ヤミ金融」に流れる恐れがあります。
また、苦しい人を食い物にする「金融詐欺」が多発しています。
当サイトは違法業者、悪質業者、金融詐欺に遭わないためにはどうすればいいか、悪徳商法とはどんなものかをご紹介します。

ヤミ金融などの違法な悪質業者に遭わないためにこれだけは確認しましょう!!

消費者金融,悪徳,商法,業者,やみ金闇,ヤミ金,闇金融

貸金業の登録の確認は絶対してください。
消費者金融などの貸金業を開業するには、都道府県知事や財務局長の「貸金業の登録」を受ける必要があり、無登録での営業は違法です。

都道府県知事の登録とは、営業所等の全てが同一の都道府県内にある業者が受ける登録、例えば東京都知事(1)第00001号。
財務局長の登録とは、営業所等が2つ以上の都道府県にある業者が受ける登録です。
関東財務局長(3)第01265号 四国財務局長(4)第00078号など、会社規模が大きいということになります。こちらで検索できます。


「登録」は、3年ごとに更新します。
つまり、登録番号が(1)の場合は、登録を受けて3年以内、(2)の場合は、3年以上6年以内となり、番号が大きいほど古い業者であるといえます。

ヤミ金融などの悪質業者でも登録を受けているところがあります。そのほとんどが(1)です。
やばい仕事ですから3年も同じ社名のままでいません。警察に捕まる前に社名を変え、再登録します。
前に私が闇金に会った業者に電話してみましたが、会社の電話も、担当の携帯も”現在使われておりません”でした。
またどこかで名前を変えて、知事登録して営業していると思われます。

貸金業登録の他に貸金業協会があります。
貸金業協会の会員なら安心だと言えます。日本貸金業協会

知事登録は簡単に出来ます。(平成19年12月に貸金業法の改正がありましたので、厳しくはなったと思いますが)

協会の会員になるには審査がありますので、ヤミ金は逆に会員にはなれないからです。

ホームページに会員登録業者のPDFがあり検索できます。分かりづらい場合電話で聞いて確認することをお薦めします。

ホームページも確認しましょう。
ヤフーなどで検索した時、検索順位10位以内にその会社のホームページのトップページと、関連ページが出てこない会社は、間違いなく怪しいです。
知事登録(1)、貸金業協会非会員、検索して1ページ目に出て来ない業者に係わるのは絶対にやめましょう!。
ちなみに(1)業者は東京だけでも2万件あると言います。

またお金を借りようと思っている業者が”違法な金融業者に関する情報について”に、
乗ってないか絶対に確認してください。
よくぞこれほどの悪質業者がいるものだと思います。